スマートフォン解析

親が一方欠けると子育てには大打撃です。家族を守れる保険を見直しましょう。

子供が生まれたら中長期的な保険を検討しましょう。

MENU

出産の際にオススメの保険プラン

就職・結婚と並んで保険の見直しを意識する瞬間として出産が挙げられます。

 

女性にとって結婚は、人生最良の時でありますが、出産もまたどんなイベントにも勝る至福の瞬間であることは間違いないでしょう。
出産をするということは家族が増えることとイコールです。

 

結婚時にオススメの保険プラン

 

 

子供のために内容が充実した生命保険を

子供と母親

大切なわが子が生まれてきてくれただけで嬉しいことは間違いありませんが、子供というのはお金がかかるものだということも現実として認識しなければなりません。

 

まず、幼児期は公的な幼稚園や保育園に入れなければ、民間の無認可の保育所に預けなければならずお金がかかります。そして高校や大学に進学するとなると1000万円はくだらないでしょう。

 

もちろん親としては、その子供の成長を成人するまで、結婚するまでは見続けていきたいものです。
しかし、人生とは何が起こるかわからないのも一つの事実です。
もし自分に、そして配偶者になにかあった時は、子供が少なくとも人並みに成長をしていけるように残さなければならないものがあります

 

したがって就職時や結婚時に加入した保険よりももっと充実した保障のある生命保険に切り替える必要があるでしょう。

 

 

 

父親母親どちらかが欠けてしまうリスク

また、子育てを考えた時、父親と母親のどちらであっても一方が欠けてしまうと、もう一方に負担がのしかかってしまうことになります。

 

生活費を稼ぐ役割が父親、家事と子育ての役割が専業主婦の母親の夫婦であった場合、一見、収入を確保できる父親が残っていれば金銭的な影響は最小限に食い止められるような気がします。当然、その父親が死亡してしまい、さらに生命保険を受け取ることができないと、母親が一人で子育てをして収入も得なければならなくなるので、多大な負担になることは予想されます。

 

しかし、このリスクは母親が死亡した時でも大きなリスクになりうることが予想されます。
父親は仕事と子育てを両立させる必要性に迫られるため、それまでのような仕事だけに打ち込んでいれば良い環境はなくなり、仕事をセーブしてでも子育てに時間を割かなくてはなりません。
そのために夫は部署の変更を希望したり、最悪の場合は転職や退職を余儀なくされることもあります。

 

このように両親が揃っているからこそ子育てを効率よく行うことができるのであって、どのような家族であっても生命保険についてはよく考えておかなければなりません。子供が健康に幸福に育つことを願い、それをいつまでも見続けたいと思うからこそ、生命保険についてはよく吟味検討しなければなりません。