スマートフォン解析

生命保険を理解するには、生命表という統計的データが必要です。

生命保険は死亡保険と生存保険があります。

MENU

生命保険の仕組み

生命保険の仕組みについて学びたいと思います。

 

生命保険とは?

生命保険は、被保険者が病気やケガをした時に、本人もしくは保険者の家族などの受取人に保険金が支払われるというものです。

 

したがって保険金を受け取るためには、被保険者は保険料を納めていく必要があります。
ある一定の期間に被保険者は保険料を納め、その期間の内に万が一の事態があれば保険会社は生命保険を支払うことになります。

 

大まかに言ってしまえば生命保険の仕組みはこういったものです。
したがって保険会社も利益を上げるためには誰もかれもを生命保険に入れるわけにはいきません

 

 

 

生命表とは?

そこで大切になってくるのは、生命保険の加入者が加入期間の間に死んでしまう確率を統計的にデータに集めた生命表というものが存在するということです。この生命表に基づいて死亡する確率の高い人は、保険料が高くなるなどの設定がなされます

 

 

 

払戻金について

生命保険を解約して払戻金を得たという事例もあります。

 

これも生命保険の仕組みの大切なことで、「掛け捨てでなく満期になったら払戻金が得られる」というならば、生命保険を選ぶ時の重要なメリットになりますね。

 

これは平準保険料方式と大きく関わっており、自然保険料方式のような年齢とともに保険料が上昇していくタイプの設定では、通常高額になった保険料の支払いに耐え切れなくなるため、高齢になってから払うべき保険料を年齢が低い時に分担して払うようにするタイプの保険料を平準保険料方式といいます。

 

この方式では、もし55歳で生命保険を解約した時には、それ以降に支払うべき保険料をそれまでの保険料で払っていることになるので、解約払戻金を得られることもあるのです。

 

 

 

生命保険の仕組みを理解するうえで大切なこと

生命保険の仕組みを理解するうえで重要なことは、保険料とその保険料がどのような内訳のものかを知ることだといえるでしょう。

 

チェックポイント

例えば、保険料には純保険料付加保険料があります
それがどのように保険金に反映されるかによって、その保険会社の生命保険のリスクやメリットが浮き彫りになるはずです。死差益、利差益、費差益と呼ばれる三利源を知ることも生命保険の仕組みと積立金の内訳を知る上で大切なことです。

 

ちなみに生命保険は一般的には死亡保険として認識されやすいといえます。
加入期間内に被保険者が死亡した時に保険金が支払われるのが死亡保険ですが、加入期間が満了した時に生きていたら保険金が支払われることも一種の生命保険です。これを生存保険といいます。

 

最もポピュラーなものは年金ですが、国民年金や厚生年金だけでなく民間の生存保険もあります

 

生命保険の歴史とは?