スマートフォン解析

単身者には、保険料の少ない低リターンの生命保険がおすすめです。

生命保険の知識がないころでもあることも注意

MENU

就職の際にオススメの保険プラン

人は生きていく上で、いくつもの節目となるライフステージに上がることになります。

 

数ある人生のイベントで最も早く訪れる可能性が高いのが就職です。高校を卒業してすぐ就職する人、楽しかった大学生活を終えて就職する人など、就職する時期は人それぞれですが、ぜひ考えておきたいのが生命保険です

 

 

就職は保険について知るいい機会

OL女性ガッツポーズ

 

就職をすれば会社から給料が支給され、安定した収入を得るようになります。

 

この安定した収入が入ることは、生命保険のようなもしもの時の保険を得るための保険料を支払うことで、保険とはなにか固定費を支払うとはどういうことかを学ぶ良い機会ともいえるでしょう。自分が汗水流して働いたお金をどのように活用するかを知ることは非常に重要なことではないかと思います。

 

 

 

扶養すべき誰かがいなければ多額の保険金の心配は無用

多くの人が独身で就職する可能性が高いこの頃の保険は、他のどのライフステージよりも死亡リスクが少ないといわれています。
結婚をして子供が生まれれば、それだけ自分が死んでしまうと他の人に対する影響が生まれるわけです。

 

しかし、20歳前後の人間は、多くの場合、家族や他の誰かを扶養する義務があることは稀です。
自分が万が一早く死亡してしまっても、扶養すべき誰かがいなければ多額の生命保険金を心配する必要はありません

 

ただ、絶対にあってはならないですが、親より早く死んでしまう時には、自分の葬儀費用くらいは何とかしたいですよね。
自分ひとりの葬儀費用ならば比較的保険料の安いものでまかなえるでしょう。

 

 

 

保険プランは、最低限の保険内容でローリスクローリターンのもの選ぶ

就職時におすすめの保険プランというのは、保険料も安く最低限の保険内容のローリスクローリターンのものを選ぶのが基本と考えられています。当然、就職したばかりでは初任給から数年は低賃金で働くことになるでしょう。
収入が少ない時から高い保険料を支払うことは現実的ではありません。

 

少しずつできる範囲の保険料を払うことで、貯蓄などをしながらお金のこと保険のことを徐々に勉強していくといいでしょう。

 

 

 

保険は真剣に吟味すること

OL女性悩む

 

そして何事も若さの利というものはあります。
生命保険もまた年齢が重なってくると加入できない保険というものも出てきます。
その意味でより長い目で人生を見通す保険選びができるといいでしょう。

 

右も左もわからず会社などに出入りしている保険屋さんに生命保険に加入させられて、高額な保険料を払い続けていたという事例もあります。このようなことにならないように、社会人になったという責任とともに自分の判断に責任をもてるよう真剣に吟味してください。