スマートフォン解析

結婚後の働くスタイルが多様になることで、生命保険のプランも多様になりました。

一番大切なのは二人で知恵を出し合うことです。

MENU

結婚の際にオススメの保険プラン

ゲーテは言いました。「結婚はすべての文化のはじまりであり頂点である。」と。
人生において就職の次に訪れる大切なライフステージは結婚ですね。

 

女性にとっては人生最良の輝きの時であり、男性にとっては一家の大黒柱として一層身の引き締まる一大イベントです。
この結婚は就職時と大きく違い、自分の存在が自分ひとりのものではなくなり、少なくとも配偶者ひとりの人生に大きく影響するというリスクが一気に高まります。

夫婦

 

最近は女性の社会参画が本格化して、結婚後も双方で仕事を続けることが一般的になってきました。その一方で結婚して家庭に入り、夫を支える専業主婦型も確固としてあります。

 

結婚してどちらのスタイルを選ぶにしろ、生命保険の重要性は変わりません。
主な収入源になる一方が死亡した時に、家族を守ることのできる長期的な死亡保険に入るべきなのは言うまでもありません。

 

ただ、共働きと専業主婦では、そのリスク分散のウェイトも異なることはいえるでしょう。
子供がいる、もしくは将来的に子供が生まれることを勘案すれば、残された家族に生命保険の形で残すことは当然と考えるべきです。

 

就職時にオススメの保険プラン

 

 

 

結婚スタイル別の保険の選び方

 

専業主婦の家庭の場合

専業主婦の家庭だと、どちらか一方が家族を養うだけの収入を稼ぎ出すことになります。
この場合で主たる収入源である人物が死亡してしまうと、残された家族にとっては致命的なダメージとなります。
「夫が死亡してしまって、これからどうやって子供を抱えて生活していこう?」と途方にくれないためにも、中長期的に家族の生活を保障できる生命保険への加入が求められます

 

 

共働きの夫婦の場合

逆にもし夫婦が共働きであれば、一方が死亡した時のリスクというものは最小限に抑えることができます
したがって残されたものを一生保障できるような多額の生命保険の必要性は少ないと考えることができるでしょう。

 

ただ交通事故などで双方がともに死亡してしまうという事態もないわけではありません。
子供のことを考えれば、そのような時のために生命保険のことを真剣に考えておきたいですね。

 

 

 

結婚後の保険選びで大切なこと

現代は結婚後の働くかたちも多種多少になっていきました。子供の数も各家庭によって様々です。
そのため、家庭環境に合わせた最適な生命保険のプランが必要だということを忘れてはなりません。

 

そしてもう一つ大切なことに就職時の保険選びと最も違うのは、結婚後の保険選びは夫婦で話し合って相談して決めることが大切ということです。2人で話し合うことで知恵も2倍になります。
将来を予測して、どのような保険を選ぶかは、きちんとミーティングしておきたいですね。