スマートフォン解析

ライフプランや生命保険の加入について相談に乗ってくれます。

FP技能士は3級→1級へと難易度がアップ

MENU

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーは簡単に説明すると、顧客となる人たちに向かってライフプランニングの相談に乗る人のことです。

 

 

ファイナンシャルプランナーの仕事

例えば、「生命保険をどう組むか?」という相談に乗るのもファイナンシャルプランナーの仕事です。

 

その人がどのような収入があって、何人家族がいて、どれくらいの資産や貯金を持っているか、もしくはどれくらいの借金や負債を持っているかをヒアリングしてその人にとってより良いライフプランを計画して提案するのがファイナンシャルプランナーの仕事です。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーの歴史

日本でのファイナンシャルプランナーの歴史は意外に浅く、1980年代に遡ります。
その資格の試験となる金融渉外技能審査が生まれ、CFP資格やAFP資格などが加わり、国家検定であるファイナンシャルプランニング技能士などが定められました。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーの資格

ノートと鉛筆

 

ファイナンシャルプランニング技能士、通称「FP技能士」には、1級~3級までの級分けがあります。
級が上がるにつれて試験の難易度や資格取得の難易度は上がります。
1級は実務経験を必要とするプロフェッショナルなものです。

 

 

 

 

ファイナンシャルプランナーはどこで働いている?

ところでファイナンシャルプランナーは通常どこで働いているのかというと、銀行や信用金庫、信託銀行や証券会社、生命保険会社など様々な金融機関で働いています。また、不動産屋さんに勤めている場合もあります。
このように企業や金融機関に属している場合もあれば、個人の事務所を持って独立して営業している人もいます

 

 

 

ファイナンシャルプランナーに相談できることとは?

ファイナンシャルプランナーに相談できることは、大まかにいえば人生でどのようにお金や資産を活用していくかということです。

 

個別にいえば、金融資産の運用や不動産の運用、相続や事業継承のこと、税金のことや年金のこと、そして生命保険のことなどを相談しアドバイスを得ることができます。
また家を購入したい時に、住宅ローンをどのようなものを選び、どのような計画で借りればいいのかを相談します。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーはどんな職業?

私たちの生活は常にお金に囲まれてお金と関係しながら生きていかなくてはなりません。
お金について無知ですと、時には大きな痛手を負いかねません。

 

そういった事態を避けるために、また豊かで安心できる人生を送るために、ファイナンシャルプランナーは、税・年金・ローン・貯蓄・資産・不動産・相続など、様々な角度から知恵を得ることのできる職業の人です。

 

このファイナンシャルプランナーを目指す目指さないに関わらず、ファイナンシャルプランニングの知識を得ることは非常に大切なことです。